住宅を建設するなら注文住宅を選ぶべきだという不変の事実

MENU

建築方法の安心感

安心して暮らす

三栄建築設計が手がける住宅は、デザインの数が豊富で、多くの人に高い人気があるのですが、見た目の美しさだけではなく、実際に住む人のことを考えた様々な工法が行わています。
特許を取得した特殊なボルトを使用することによって、ゆるみやゆがみが少ない、安定した住宅を維持することができるようになっています。
また、住宅の安定性を左右する柱部分は、割れにくく、狂いfが少ないとされている集成材を活用していますので、強い強度を誇り、安心して居住することができる住宅が多く存在します。

魅力的な工事法

住宅建設で最も重要なのが床部分なのですが、床部分は基本的に剛床工法が行われており、ゆがみが少ない安定した床が多いのが特徴です。
三栄建築設計では、床に大引きと呼ばれている材料を使用しており、重力を分担させることが可能になっており、ゆがみが少ない高耐久の床を実現しています。
また、長期間安心して暮らすことが出来るように、床下部分に換気機能を設置しているのが特徴です。床下部分は、湿気が溜まりやすく、湿気が多くなってしまうと、シロアリ被害に合ってしまう可能性があります。
しかしながら、三栄建築設計では、床下の土台と基礎の間に効率よく換気することができるようなシステムが採用されており、高い換気率があるので、シロアリ被害の心配をする家庭が少なくなっています。
三栄建築設計は、住居者が暮らしやすい住宅として住むためにはどうすれば良いのか、日々挑戦を続けており、住みやすい居住空間が多く存在しています。